03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

のんべぇオヤジのあれこれ(仮)

キャンカーMatiasで楽しむ出来事・釣り・酒(食)・競馬などなど、とりあえず、思った事を何となく書いて行こうと思います。

Takibi-Tarp専用難燃シート 

tent-Mark DESIGNS Takibi-Tarp専用難燃シート


Takibi-Tarpは手に入れていたのですが、難燃シートはずっと欠品中
昨日在庫確認出来たのでポチっと

在庫数が分からなかったんですが、自分が確認した時点で残り僅かとなっていました
悩んでると無くなる可能性もあった事から、即効注文

そして閲覧者の少ない当ブログですが、情報提供させて頂きましたが、既に完売だったようですね 汗

初めてWILD-1オンラインストアを利用しましたが、昼休みに注文(12:10頃)同日発送完了の通知があり
本日10:13既に到着したようで配達完了通知がきました

2016-05-18_232836.jpg


いや~素早い対応に驚き


発送地がよく分かりませんが、関東圏なら十分配達可能かと思いますが当方でこれ
だけ早いのはありがたいですね
たまたま当日発送に間に合ったという感じでしょうか?


Amazonのお急ぎ便より早いんでない?

当商品は雨天時のキャンプでも焚き火をしたいという思いから購入
ちょっと気になるのはタープ中央部に取り付けする感じである点

タープを片方は張り綱を短くしてその下にテント設置、などと考えておりましたの
で出来れば前後どちらか寄りに難燃シートの取り付けが出来れば!と思っています

まぁ難燃シート用にポールを別途準備すればいいかもですし、ロープ次第では位置も変更できるかもしれないし

とりあえずは装着してみない事にはなんとも言えませんが、上手く活用して雨の日でも焚き火を楽しめるようにしたいと思います



2016-05-18_232847.jpg




Takibi-Tarp同様試し張りしたくなりますね

今週末はキャンプお休みの予定なんですが、物も届くし今のところ天気も良さそうですね


さてどうしよう?


さてさて上記難燃シートですが、スパッタシートなんかでも代用できそうな気がします
スパッタシートは溶接時に使うものらしいです
溶接については全く知識がないのですが、スパーク(って言うのか不安)発生しますが、それから守る物です

スパッタシートは瞬間的ではありますが、耐火温度5・600度のものや1300度程度までの物もあります
あくまでも瞬間的な物であって直火にあたるような使い方をすればダメでしょうけど、それはTakibi-Tarp専用難燃シートでも同じでしょう

使い方さえ気をつければ大丈夫なのでは?と感じています

そしてスパッタシートは上記の物よりも安く手に入るかもしれませんしね
確か以前調べたのでは瞬間耐火温度1300度の物で4000円ちょっとだったかと記憶してます

当然高い物もありますけどね

大きさも様々ですからもう少し広くなんて事も可能かと思います


実は別な用途で使おうと思い購入していたスパッタシートが手元にあるのです
が、そういう物なのかは不明ですがズッシリ感がありますね~
材質的な物なのか製品仕様による物なのかは不明ですが、自分の持っているスパッタシートはタープ下に張るにはどうか?

ポールを使って張る分には大丈夫ですかね~


また別の物としてはカーボンフェルトなんてのはどうなんでしょうね?
自作アルコールストーブで火はつきますが、燃えて無くなるなんて事はありませんし

ある動画で焚き火台の下にスパッタシートを使用した場合に草には何の影響もありませんでした
自分はカーボンフェルトで試してみましたが、6重にした状態で若干ではありますが草の色が変わりました
(現在さらにあるものをかましていますので、地面には何の影響もなくなりました)


そういう訳で使うならスパッタシートの方がいいかも


まぁ、お勧めするということではなく自己責任で

自分も機会があればやってみたいとは思っています
↓1日ワンクリックお願いします

category: 未分類

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonbe0720.blog.fc2.com/tb.php/3077-1d9001db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

カウンター

プロフィール

最新記事

カレンダー

カテゴリ

メールフォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ