03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

のんべぇオヤジのあれこれ(仮)

キャンカーMatiasで楽しむ出来事・釣り・酒(食)・競馬などなど、とりあえず、思った事を何となく書いて行こうと思います。

ペルセウス座流星群 

12日ペルセウス座流星群の極大日

ペルセウス座流星群は3大流星群の1つで、観測できる数もかなり期待が出来ます


夏場という事もあり観測しやすいので多くの方が観測していたんでしょうね

http://www.amro-net.jp/meteor-info/meteorvisual_j.htm

では21時が極大時刻と記載してますが、他の情報では22時という記載もありますね
どっちが正かは不明です
(観測結果、もっと早かったみたいです)

GPV気象予報にて雲量をチェック。また月の影響からも早い時間はイマイチかと思い、遅めに出発し22時過ぎ位に種山に到着
今回は住田町イベント広場もスルーし更に奥へ奥へ

空を広く見渡せる場所を選定し、カメラの準備

レリーズを使うわけですが、年に2・3回しか使わないので設定の時いつもモタモタしちゃいますね~

この時点では雲も多めで観測には微妙な感じでした
しかし予報を信じて待つ事にします


カメラを三脚にセットしピントをあわせます
AFでは無理なのでMFにて無限遠位置を探します

レンズには∞のマークがありますが、必ずしもこの位置ではないのでいつも手間がかかって困る
ISO感度をMAX25600位に変更しシャッターを切り、液晶モニタに拡大表示
1番近くなる場所を探して準備OK

このピントあわせの際にすでに流れ星が写り込む

2016-08-15_214301.jpg


勿論ピンボケ

早速出現してくれたので期待し次の流れ星を待つ

22:30分頃に撮影開始したでしょうか?

この時間は月の影響でかなり明るいです

それでも活発な流星群、ちらほら出現してくれます

レンズとは違う方向で・・・爆

まぁこれくらい出現してくれるのですから、何とか写せるだろうと甘くみてました


次々に流れる星を見ながら思わず

おぉ~っと声が漏れる

2016-08-15_212142.jpg

拡大

2016-08-15_212156.jpg


流石極大日
次々に流れる星

前回のみずがめ座流星群より数は多いし、デカいのも多い(たまたま?)

2016-08-15_212209.jpg

拡大

2016-08-15_212222.jpg

そしてこちらは残念

2016-08-15_212234.jpg

2つ同時に写ったのに1つは画角の外
あ~あ、上手くいかないもんですね

結局、シャッターをきったのは1200枚程度

その内撮れたのは・・・


35枚

少なっ 汗



しかも、よく見ないと分からない物もあり満足するのは1桁位か


http://www.amro-net.jp/meteor-info/meteorvisual_j.htm

によるとHR(1時間に1人あたりが観測できる予想数)が40とあるだけに、目
視ではかなり多くの流れ星が観測できました

今回も流星痕も2回ほど

うち1回は物凄く5秒位残ってましたね

残念ながら写真には撮れませんでした

いつかはこの流星痕を写してみたいですね~


2016-08-15_213255.jpg

2016-08-15_213310.jpg

2016-08-15_213325.jpg


こちらは2つ写ってますね

2016-08-15_213339.jpg


たまに飛行機なんかも写り込んでしまいますが、流星の場合は

2016-08-15_214536.jpg

こんな感じに緑や青っぽく写る事が多いですね

飛行機だと赤くだったり
結構邪魔されるんですよね 笑



さて今回は魚眼レンズも持参してみました

自分の持っている魚眼レンズはサムヤンの安いレンズ
円周ではなく対角です
ホントはCanonの魚眼レンズ欲しいんですけどね
1本で円周と対角が使えるのは面白い

最後に使ったのは波照間島に旅行した時でしょうか?

同じ絵ばかりだとつまらないなぁと思い、久しぶりに持ち出してみました

2016-08-15_213600.jpg

対角魚眼の面白さを出すなら地上も写すのがいいですね
個人的にはそう思います

でないと

2016-08-15_213630.jpg

こんな風に魚眼レンズかどうか分からなくなります
↑の写真は魚眼レンズを真上に向けた状態で撮ったもの

写せる範囲は広くなりますので、流星を捉える可能性は高くなりますね

2016-08-15_213618.jpg



さて次回はりゅう座流星群、極大日は10月8日ですが今年の条件は良くないみたいですね
HRが1?となってます
なぜ”?”マークがつくのかは・・・?

期待は出来ないようですが、過去に1分に数百、HR5000とかの実績もあったようです

期待し過ぎず観測してみますか?
でも10月になれば気温もぐっと下がるでしょうから気乗りしないですね

因みに三大流星群の1つふたご座流星群は12月14日

寒いので多分行かない
しかも月明かりの条件が悪い

数はそこそこあるようですけどねぇ

↓1日ワンクリックお願いします

category: 写真・カメラ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://nonbe0720.blog.fc2.com/tb.php/3158-a8cb2b4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

カウンター

プロフィール

最新記事

カレンダー

カテゴリ

メールフォーム

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ